play with

尖った優しいものが僕は好きだ

Oct 2
“ドイツ語には
「森の中で一人でいるときに感じる孤独感」を一単語で表す形容詞があり
ハワイ語には
「何かを思い出そうとして額を掻く」という動詞があり
エスキモー語には
「人が尋ねてきそうな気がして玄関から出て外を見る」という意味の動詞がある”
Twitter / YS_GPCR

Oct 1

ideaq:

器以載道 Great teaware transcends form and function, engages your senses, and translates the experience into peace and liquid wisdom. #tea #teaware #teapot #peace #wisdom #dao

ideaq:

器以載道 Great teaware transcends form and function, engages your senses, and translates the experience into peace and liquid wisdom. #tea #teaware #teapot #peace #wisdom #dao

(via tea-for-tea)


(via tea-for-tea)


(via tea-for-tea)


shepherd-tails:

9/30/2014
This photo is just absolutely perfect in every way. <3

shepherd-tails:

9/30/2014

This photo is just absolutely perfect in every way. <3

(via handsomedogs)


“ゴミだらけの朝の飲み屋街を歩いてて「汚ねぇ街だ、最悪だな」とか思ってたら、ゴミを手で拾って片づけてるおばさんがいた。音楽作ってるだとか、芸術家だ、アートだとか、色々たくさん知ってるだとかで偉そうにしてるやつの言ってる事なんて全部ふざけた冗談と思う” Twitter / 6EYES TCYCKR (via atosakav) (via hirolong) (via korumono) (via yasunao) 2010-04-20 (via yasaiitame) (via kondot) (via nagas) (via slowjam24) (via dukkha) (via petapeta) (via tknori) (via yellowblog) (via w210) (via kurenazumu)

gyclli:

Turkish tea

Çaylarrrr :) * By senas.sagr37

gyclli:

Turkish tea

(via tea-for-tea)




49 名無しさん@涙目です。(三重県) :2011/09/12(月) 12:03:05.80 ID:BsAGQkHJ0

頭のよさって二種類あるよな。
考えられる人と覚えられる人。

頭がいい人、悪い人の違い (via compozz)
2011-10-17 (via gkojax-text)

何度も reblog したくなる面白さ。

(via poochin)

(via galliano)


“昨日のNHKのニュースで「噴火の兆候である地震が観測され、気象庁は事前に発表していた。なぜ広まらなかったのでしょう」みたいなことを言ってて、それはお前らが報道せんかったからやろってさすがに思った。” Twitter / nekohachinyan (via katoyuu)

(via galliano)


dior:

Dior Ready-to-Wear Spring-Summer 2015 collection

dior:

Dior Ready-to-Wear Spring-Summer 2015 collection


婚式が終わって一週間。まだ荷物も気持ちも落ち着かないまま今度は新居への引っ越し。部屋を片付けなきゃなのに次から次へと懐かしい写真が出て来てしまい、作業がなかなかはかどらない。

そんな中でもこの写真の日の事はとても良く憶えている。小学校4年の頃、近所の秋祭りの時の写真だ。もう20年以上前か。

この日、僕はクラスの親友とハッピを着込み、小さいながらも豪華な神輿を担いで近所を練り歩いた。普段とは違う町の雰囲気と、大人の仲間入りをしたような高揚感で僕らはご機嫌だった。神輿が終わった後、出店の行列の中を歩いていても、みんなからの視線がとても心地良かった。

「ハッピ、2人とも似合ってるね」

金魚すくいをやっていた僕たちに声をかけて来たのは、近くに住む中学生の夏子だった。今まで制服姿しか見た事が無かったから私服の夏子は新鮮だった。彼女は最初ただ黙って見ていたが、あまりに下手くそな親友の金魚すくいを見かねて色々口を出し始めた。それでも親友は一匹も捕れない。

すると夏子は親友の肩に腕を回した。そして両手を握り、一緒に金魚すくいを始めたのだ。僕は一瞬、胸が詰まった。今まで年上の女子とこんなに近づく機会なんてなかったからだろう。親友も絶対に無いはずだ。なのに平静を装って金魚すくいを続けている。

なんだか分からない感情が入り交じった。親友に対してよりも、夏子に対して怒りに似た感情を憶えた。僕は少しの間そこに立ち尽くし、そして何も言わずその場から離れて家に帰った。

今思い返すと、これがきっと人生で初めての深い嫉妬だろう。家に帰ってからも夏子の事が気になって仕方なかった記憶がある。

結婚式の時、親友にこの写真を見せれば良かったな、なんて思っていると奥さんが帰って来た。片付けが進んでいない所を見つかって怒られる前に、この写真を夏子にも見せなきゃ。

始まりの嫉妬 | Qetic - 時代に口髭を生やすウェブマガジン “けてぃっく”

mamichi75:

私には
食欲の秋♡

(via tofuist)