play with

尖った優しいものが僕は好きだ

Aug 28


「感情をコントロールする」と言った場合、日本人の多くは「辛くても我慢して、自分のやりたいことを諦める」ことをイメージするようだ。それは実は間違っている。本当の感情コントロールとは、「一時の感情に流されず、自分が本当にやりたいことは何だったかを思い出す」ことだ
Twitter / @raurublock (via yellowblog)

(via zhenyou)


Aug 27
“世の中は公平であるべきだ、不公平なのは間違っている!という人がいるけど、そう思うことで実は自分の可能性を狭めていることに気づかない。たとえば僕のように外の世界から能の世界に入った者はチャンスにしろ何にしろ、そりゃ不公平なのは当たり前。それを認めたところからはじめて可能性は開ける。”

(via rimrider)


“子供を死なせる→50万円以下の罰金
ペットを死なせる→100万円以下の罰金(子供より高額)
児童ポルノ単純所持→100万円以下の罰金
違法ダウンロード→200万円以下の罰金
過労死→企業の賠償責任が認められない場合がある
日本の法律解釈って人命が意外と安い。”
Twitter / Reah_Minase (via toronei)

(via rimrider)


157  ワルサーWA2000(新潟県) :2010/07/19(月) 23:12:32.77 ID:TtXjabo/

普通学級でやってけない知能程度の子供はな
簡単な算数の計算もできないんだよ
「1000円持ってスーパーに買物に行きました。300円と400円のおかしを買いました。
お釣りはいくらでしょう?」

引き算が出来ないんじゃない。買い物という概念が理解できない
そういう子も親が死んだら自立しなきゃいけない
根気づよく買い物の仕方や貨幣の価値を教えたり
自分で身の回りのことができるようにミシンかけや他人との距離のとり方、
人前では挙動不審にならないようになどを教えるのが特別支援学校

普通学級なんぞ通っても絶対不幸になるだけ。

266  洋菓子製造技能士(新潟県) :2010/07/19(月) 23:41:15.46 ID:/VVRkmRU
»157
結局この考え方が一番正しい。

暗黙のルールとか根気よく粘り強く教えるのが
その子にとって一番いい。

英語とか数学とかさぁ教えてもなんの意味もない。

夢とか糞食らえだ。
障害児の親「差別やめろ!!同じクラスにしろ!」 教育関係者「一緒に授業を受ければ平等か?」:アルファルファモザイク (via qyen) (via syunin) (via itokonnyaku) (via ittm) (via tessar) (via kyohei28) (via ritsuca) (via sierra7) (via atorioum) (via budda) (via gkojax) (via okadadada) (via ai6)
2010-07-21 (via yasaiitame) (via mcsgsym) (via dfgkelxp) (via taisukeorg) (via yellowblog) (via himmelkei) (via aki373) (via mesotabi) (via megane4141) (via motovene) (via esaki) (via edieelee) (via yuasa) (via sui-sui)

“陣痛中は大人しかったのに、出産直後に助産師さんに
「お母さん!ほら、赤ちゃんですよ!はじめまして~よろしくねって!!」と赤を見せられ
「はぁ、はじめまして。わからないことがあれば聞いてください」と事務的に言ってしまった
クールな担当医がブフォ!!と噴き出したの見て我にかえった”
面白いコピペや画像をおねがいします:哲学ニュースnwk (via 774rider)

(via kasasagi51)


vampirejohnnysun1018:

日常、時々私はこんな感じv( ̄Д ̄)v イエイ

vampirejohnnysun1018:

日常、時々私はこんな感じv( ̄Д ̄)v イエイ

(via kurenazumu)


“「嫌なことを一生懸命我慢すること」が「頑張る」ことだと長らく思い込んでいたけれども、「頑張る」とは「最良の結果に向けて尽力すること」であって、我慢とは別物であると気づけて良かった。”

Twitter / 柿原華子 (via chihanos)

苦労も、それ自体が報われるものではない。

(via miyanaga)

2010-11-24 (via gkojax-text) 2011-08-13 (via gkojay)

(via zhenyou)


人は自分の名前を一番呼んでくれる人を好きになるように出来ている、という話をどこかで見かけたことがある。

ぼんやりした記憶だし、そもそも“ちょっといい話”みたいな小話だったと思うから本当は根拠も実例もないのかもしれないけれど。

でもなんだかしっくりきた。
それ以来、私は名前を呼ぶ時に少し考えてしまう。
この人とどうなりたいのかってことを。

もっと距離が縮まれば良いのに、と願ってる時はとにかくたくさん名前を呼ぶ。
仕事でも、ちょっとした質問でも隙間に名前を挟む。
馴れ馴れしくしたり、詮索したりはしない。
適切な態度のまま、名前を呼ぶだけ。

世界で一番名前を呼んで - 恋に恋なんてしないわ (via haruna26)

(via zhenyou)


“ これはまじめな話ですが、自分をほめることを学ばないと、その人の勉強は遅かれ早かれ行き詰ります。
 
 勉強してほめられるのは、あっても子どものときだけです。
 大きくなると、誰もあまりほめてくれなくなります。
 さらにレベルが上がると、教えてくれる人も、同じように頑張っている人も、自分の周囲にいなくなります。
 ほめられることも、はげましあうこともなしに、やっていかなくてはならなくなります。
 やる気を自分で稼いで来なくてはならないのです。
 
 自分をほめることは、自力で飛べるようになるために絶対に必要です。
 
 自分をほめることは、自分を甘やかすことではありません。
 甘やかすとは、たとえば「おまえは天才だから努力しなくていい」というようなことです。
 
 というか、天才は努力します。とことんします。とまらずします。
 天才とは、努力することを止められなくなった人のことをいうのです。”

これは勉強のやり方が分からなくて困っている人のために書いた文章です 読書猿Classic: between / beyond readers

自分をほめよう

(via ginzuna)

(via zhenyou)




gyclli:

Misty River, Indonesia
 besttravelphotos.wordpress.com

gyclli:

Misty River, Indonesia

besttravelphotos.wordpress.com

(via handa)


Page 1 of 3831